池田卓哉ブログ 風光日々新(ふうこうひびあらた)

素直な心で表現する場にしよう。そんな想いで始めたブログ。

育てていく答え

ずっと答えを見つけようとしていた。

 

気づきがあれば見え方が変わり

突破口が見えるんじゃないかって

今の自分からは見えない視点での

答えをずっと探してた。

 

段々と答えを求める姿勢すらも

なんだか むさぼりのように思えて

インターネットでのインプットを

一時的に遮断してみた。

 

そんなに長い期間ではないのだけれど

静けさの中に身をおいた時

冷静で穏やかになれてる自分に

気づくことができた。

地に足がついた感じ。

 

 

静けさに身をおくと

五感とともに意識という感覚が

ちゃんとはたらいてくれているのがわかった。

 

頭ばかりでの選択ではない生き方。

より自分と繋がっていける道が

ある気がしている。

 

何か選択に迷った時

自分の命(時間)をつかって

自分はこれをしたいかどうか

心に聞いてみる。感覚に聞いてみる。

 

それでも時に

自分と一致しない道に

進んでしまうことはあるのかもしれません。

 

大事なことは

間違えのないことじゃなくて

一歩でも前に進んだ自分を

認めていくということ。

 

行動の結果

「ちょっと違ったな」という経験が

あったとしても、その経験によって

望みがはっきりしていくのなら

きっとそれも必要な経験。

 

裏も表も見ながら

経験の数だけ

より自分と繋がっていけるといい。

 

答え探しは

時に

いざという時の盾のようなもの。

あるいは鎧。

(安心のための武装

裏を返せば 

不安のために身につけるもの)

 

不安の数だけ装備して

自分で自分を重たくする生き方でなく

軽やかでいられるといい。

 

 

 

自分が納得できる答えというものは

経験を伴わせて自分の中で

育てていくものなのかもしれません。

 

 

明珠(明鏡)は掌に在り

この身体さえ

魂が離れるまでの

借り物とするのならば

自分の身体さえも

僕であっても

自分のものではないのかもしれない。

 

そのことと向き合った時

うまくは言えないのだけど、

自分の身体に対してありがとう

という言葉が湧いてきた。

 

”ある“ことすら意識もしないくらいに

当たり前に思ってしまっていることの

“ある”ということのありがたさに気づく時

何も持たずとも

そもそも豊かさに囲まれているということを

あらためて思い知る。

 

ないものばかりみて

不足を嘆きがちだけれど

自由に嘆くことができることも

ひとつの豊かさの証。

 

条件付きではなく

無条件の豊かさをすでに享受してる。

 

今までは

ないものや外にばかり

目を向けてきてしまったけれど

 

これからは自分の中にある

豊かさを大切にすること。

それは感謝とも言えるかもしれません。

 

表現と生き方は繋がっている。

道が見えた気がした。

そのままの自分で 愛ある明日へ

今日は大好きな鉛筆画の作家さん

土田圭介さんの展覧会に行きました。

 

思い返せば自分が

鉛筆画を描き始めたのも

この作家さんがいてくれたからだと

記憶しています。

 

 

陰の部分を見つめる視点は

痛みを抱える人の心に

寄り添うようでもあり

 

描かれた光には希望が込められていて

あたたかさがじんわりと優しく

自分の胸のうちに染み渡るのを感じました。

 

慈悲深く愛情深い方なんだと

作品と合わせて作家さんと

お話をさせて頂きながらも

ほっこりと感じました。

 

この世界には 自分の中にある心や

人の心に寄り添う絵を描く人がいます。

別のある人は丁寧に作った料理を振る舞ったり

また別のある人は相手と目を合わせて

にっこりと微笑んだり..。

 

人それぞれ表現する形は違えど

それぞれのカタチで表現している

人間の本質は愛なのかもしれないと

ふと思いました。

(時にそれは意図されたものばかりでなく

滲み出ているものでもあると思います。)

 

 

この数ヶ月 自分はというと

まんまと感情の波にのまれ

自分の中の肥大化した恐れに

押しつぶされていました。

 

今 思うことは、自分の中にも

愛と呼べるものがあるのならば

今一度そういうエネルギーを

大切する生き方がしたいということ。

 

愛を持って行動したり

人と関わって生きることができるなら

どんな今日をどんな自分を

生きることができるだろう。

 

愛を通して物事をみたら

壁という壁

問題という問題も

別の意味を持つのかもしれません。

 

自分の中にある愛を大切にする生き方と

本質の自分に近づく生き方もまた

同義かもしれません。

 

今日みた鉛筆画の作品もそうでしたが

光と影は表裏一体で

物事の本質はどちらか一方だけでは

ないのだと思います。

 

ついつい

足りないものばかりに

目を向けがちだけれども

不足感を埋めることで

満たされるわけでなく

 

不完全ささえ

人間みだとするのなら

 

例え何か欠けていたり

問題を抱えたままの自分でも

本当は過不足ないのかもしれません。

 

力まないからこそ込められる力が

今はあるような気がしています。

呼吸をするように 循環する世界

人は様々な流れの中にいます。

 

今日も川は流れるし

肌に触れる風は

僕に新しい季節を運んでくる。

 

僕の中にも流れがあって

できれば滞りなく

心地よく巡るといいな思います。

 

人との関わりもまた

エネルギーの循環で

 

与えるばかりでなく

受け取るばかりでなく

巡るといい。

 

お金といったことも

そういうことなのかもしれません。

 

空を見上げると雲が流れています。

 

思考 や 感情 身体のもやもや 滞り

お部屋の中のつまり

気が流れるとはどういうことかを

考える。感じてみる。

 

 

大きな流れの中

抗えないこともありましょう。

 

それでも今日も僕は

吐いて 吸って 息をします。

 

きっと無意識と意識も

循環しているのかもしれません。

 

問題用紙に赤丸をつけるための

答え探しでなく

 

観察の中にある気づきや本当のことに

喜びを感じていたい。

縁りて起こる日々の先へ

10回目の個展に来てくださった方、

気にかけてくださった方

本当にありがとうございました。

(お礼が遅くなってしまいごめんなさい。)

 

自分が描く絵も このような活動も

人との会話や繋がり、関わりの中で

存在できていることのように感じています。

 

僕が絵を描くことができるのも

さまざまな”縁”の中にあるからで

今回タイトルには”縁りて起こる”とつけました。

 

様々なご縁の中で

このような活動を続けられていることは

本当にありがたいことだと思います。

 

今回

来てくださった方にも参加していただきながら

作ることができた作品がありました。

 

来ていただいた方に参加していただくということを

試みたのは今回初めてでしたが

たくさんの方が関わってくださったことで

自分自身が大変元気をいただきました。

本当にありがとうございました。

 

良いご縁がありますように。

そんなことを願いながらも、

待ちの姿勢でいることが多かった自分ですが、

 

自ら動いたり手繰り寄せたりすることで

紡ぎ繋がっていくご縁が確かにあります。

微力ながらもあらたに踏み出せてよかった一歩がありました。

 

ひとりひとりから受け取った気も合わせて

これから踏み出していく一歩に繋げていけたらと思います。

 

個展を終えて、今 見つめているのテーマは

”調和”そして”より繋がっていくこと”

自分一人で生きているわけではないこの世界で

自分に何ができるか。

肌感覚で耳を澄ませていたい。

今回来て下さった方たちのご縁が繋がってひとつのカタチになりました。
 

10回目の個展

すっかり久しぶりの更新と

なってしまいました。

 

画面越しのあなたも

どうか元気でありますように。

 

人に助けてもらいながら
自分は生きていることを
より一層 噛み締める今日この頃であります

 

あたたかい言葉が染み入る時
感情は内側から溢れてしまうものですね。

かけてもらった言葉に活かされたり
人の笑顔をきっかけに
難しくしていたものが解けたり
人と人とが関わり合いながら生きているって
いいなってほっこりする瞬間があります。

 

まだまだ迷いながらの自分ではありますが、
それでも支えてくれたり
応援してくれたりしてくださる方が
いてくださることは幸せなことです。

 

今回で10回目となります個展が
ストライプハウスギャラリーであります。
本当に おかげさまです。

 

縁りて起こる
明日からです。

2023年7月28日(金)~8月10日(木)

https://striped-house.com

[uploading:EF8F8301-4CC6-4050-8145-26E3F2569948/L0/001]

(DMお送りしたものの
何人かの方は戻ってきてしまいました。
普段関わりがあるのに届いていないよ。

という方がいましたら申し訳ありません。)

良い旅になりますように

色んな縁が繋がってのことだと思います。

 

6年ほど勤めていたひとつの職場を

後一月ほどで辞めることにしました。

 

とどまり続けて現状維持の方が

きっと楽なのですが、

 

例えば

バンジージャンプ

ひと思いに飛びこむ

そんな心境とタイミングで

今回はエイヤーって決断をしました。笑

 

頭で考えたら

飛ばない方がいい理由は

いくつも見つけられるのですが

ちょっと違う景色が見てみたいと思いました。

 

もう少し自分を信じてみよう。

そう思いました。

 

どちらが正解かをよく迷ってきたけれど

自分が選択した道を正解にしていく

そんな考え方も大事なのかもしれません。

 

人も僕自身も

過ぎて行く景色なのかもしれません。

時にそれは淋しいことだけど、

誰かの心に仕舞われた景色の一部に

自分の存在があるのなら

それは幸せなことです。

 

再会があったり

もやもやの答え合わせがあったり

 

たとえそれが

それぞれ行き先の違う電車の乗り換えの

束の間のやりとりであったとしても

 

色んな人がいて

それぞれの想いで

人生の旅をしていることが

愛おしいなとしみじみ思います。

 

 

 

「このお店長いですよね。」

今日来たお客さんには

そう声をかけられました。

 

「一年前にも来たんですけど、その時も

池田さんに接客してもらえたの覚えていて、

今日お会いできて嬉しかったです。」

そう言ってくれたのは

凄く爽やかな男性の方でした。

 

そんなふうに覚えていてくれた方がいて

嬉しかったのは僕の方で。

 

今日は上司と職場を辞める話をする

そんな日でしたが

想像もしていない人から

受け取った喜びの贈り物

 

なんだかんだ今日まで

続けてこられて良かったな。

 

 

不安がないと言ったら嘘になるけれど

なんだか今は清々しい気持ち。

 

それぞれに良い旅となりますように。